は従来型のスクールではなく

自ら考え、自ら意見・感想を

伝えられるようになる

プログラムを提供しています

(超)初心者に特化したプログラム

英語への苦手意識や、間違えたくない気持ち、正解を探すことをやめましょう。
私たちはみなさんの英語に対して「正解・不正解」という言葉を使わず、「伝わる・伝わらない」とアドバイスします。
英語に正解は存在せず、相手が理解、行動をしてくれた時が"正解"だと考えています。
「伝わる英語」を反射的に話せるようになることをゴールとしています。

レベルチェックテスト

話す・聞くをベースにしたオリジナルのレベルチェックテストを使い、あなたの英語力をチェックします。

レベルチェックでは、講座で教える7つのステップが予めどれだけ理解できているか、そして必要な単語・リスニングがどれだけのレベルなのかが全てわかります。

そして、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づいたレベルがわかります。

超具体的なゴールとプロセス

英会話初心者の方でよくある質問が、自己学習が継続できない、話せるようになった気がしないということです。

これをなくすために、曖昧な表現や抽象的なものはすべてイメージしやすく具体化しています。

ゴールをより具体化し、受講生が英語の学習を継続しやすくサポートしています。

世界にひとつだけのカリキュラム

多くのスクールは個人のためだけにカリキュラムは作成しません。

レベルチェックテスト、ゴール・プロセスの設定を通して、3ヶ月間のプログラムを作成します。

プログラム途中でも、柔軟に進捗に合わせて、常に最適な英語学習を提供します。

圧倒的に頭を使い、

自ら考える癖がつく

私たちは一般的に販売されているテキストは使用せず、自社で開発したテキストを使用しています。
一般のテキストにはよく各国の文化や慣習の言い回し等が記載されていますが、私たちは早く自分の目と足を使って直接体験したほうがよいと考えています。
自分の考えや意見はテキストで学ぶことはできません。英語は手段です。

だからこそ「考えて、伝える」手段だけに特化したテキストを開発しました。
また自分で考える思考が習慣化されることで、単なるフレーズの暗記よりも長く記憶に残ります。

脳に汗をかくほど考える

私たちのプログラムは英語を話す感覚を生徒さんご自身で習得してもらうように設計しているため、あえて「伝え方」をすぐに教えません。

この考えるというプロセスが、会話で必ず必要になってきます。

考えることで、長期記憶の英語脳になります。

英語学習への意識の変化

英会話スクールではレッスン外の日常会話はほとんど日本語で話すことが多いですが、私たちのプログラムは日々の生活もレッスンの一部です。

日々の生活の中でも「これって英語で何と言うのだろう」を考える習慣がつきます。

自分の日常を英語で話すことができるのであれば、もっと表現の幅は広がります。

暗記から感覚への変化

暗記中心の学習をしている方でも、いざ実際の英会話で「単語が出てこない」「英語を話せない」生徒さんと多く出会いました。

私たちは「点数獲得型」の単純暗記から、使って活用する「日常生活活用型」の学習方法を教えています。

常に自分で英語での表現方法を考え、アウトプットすることで、自然と英語が話せるようになります。

メンター制度

生徒さん一人一人にメンターがつきます。
全員パーソナリティ、考え方、優先順位も異なります。

具体的に設定した目標から逆算し、メンターと達成します。
メンターはいつもあなたの味方です。

毎日の自己学習サポート

英語学習アプリを使用してジャーナリング(英文日記)と、設定した自己学習内容を毎日メンターと共有します。

メンターがその内容を確認し、すぐに文法や単語の間違えに対してフィードバックを行います。

また、ジャーナリングに対してのフィードバックは、チャットのような形式で生徒さんと密に連絡を取り合います。

日常の疑問をすべて解決

生徒さんには毎週レッスン日の前日に、その週の学習内容をご提出頂いております。

一週間の自己学習を通して新しく気づいた点やできるようになったと思う部分(聞き取りが先週よりできた、単語がすぐに出てくるようになった等)からモチベーションの変化までをご報告頂きます。

毎日の自己学習報告の際に気づけなかったところをメンターと共有することで、ピンポイントのアドバイスが可能です。

英語以外の悩みも一緒に解決

うまく話せるようにならない、学習が進まないということ以外にも英語学習の悩みは多くあります。

そのような悩みも海外での経験豊富なメンターならではの視点で解決策を教えてくれるはずです。

私たちは生徒さんのさまざまな問題を解決し、英語学習に専念する環境づくりをサポートします。

どんな人が受講を決めているの?

私たちのプログラムは圧倒的に医療従事者の方から選ばれています。

医師、歯科医師、看護師、助産師や製薬企業の方など医療系の方が多くいらっしゃいます。

それ以外にも製造業、IT関係、学生の方々から選ばれております。

プログラム終了後の学習継続率100%!

私たちのプログラムはプログラムの受講中はもちろん、プログラムが終了した後も学習が継続できるよう指導しています。

よくある英語が話せない理由として、英会話教室に「行ったこと」に満足してしまう方が多いような印象を受けます。

私たちのプログラムは「いかに自分一人でも学習を続けられるか」にフォーカスしています。

プログラム中に学習習慣をしっかりと身につけるため、受講生の学習継続率は100%です。

弊社アンケート調査より

初心者は英語の独学勉強はもうやめましょう

義務教育で英語の授業を受けているのに、英会話スクールに通っているのに、テキストは何冊も持っているのに英語が話せるようにならない。

一般的に英語が話せない=話す練習が足りない、学習時間が少なすぎる等の理由があります。

その通りだと思いますが、弊社では異なる理由が原因だと考えています。

 

英語が話せない=英語の学習方法が間違っている

 

サッカーや野球のスポーツでも、ギターやピアノの音楽でも、書道や茶道でも、新しいことを始める際には必ず先生を探します。

しかし英語の学習に関しては、なぜか自分でもできるかもしれないと思う方が多いのが現実です。

 

英語学習も同様です。英語学習のやり方が間違うと大きく遠回りをします。

バットの持ち方をずっと間違ったまま打席に立っても打てるわけがありません。

初心者は英語学習の「型」をきちんと身につける方が優先です。

第三者からきちんと「型」のアドバイスをもらうことが、上達の最短ルートです。

浮気性の英語学習者は話せるようになりません。

人はやっていて不安だと、足を止めます。仕事で内容が不明確な場合、必ず誰かに聞きます。

安心するから、仕事に取り組めます。

 

初心者一人一人に合わせた「型」が必ずあります。

 

まずはその「型」をマスターすることで、自己学習の壁を乗り越えることができます。

習慣的に学習に取り組むことができます。そこからが本当のスタートです。

あなたの「型」を見つけるお手伝いをします。