インタビュー

M.H

英語が「トラウマ」から「大好き」に180度変わりました!

M.H さん (看護師)

受験で英語が苦手なために失敗。そんなトラウマがあり、英語が大嫌いでした。英語への強いコンプレックスをもっていたにも関わらず、3ヶ月後に英語が大好きに。辞書や翻訳アプリを使わずとも、自分で英文が作れて、表現できる楽しさを実感するように。そんなM.Hさんにインタビューしました。

ーお忙しい中本日はありがとうございます。今日はどうぞ宜しくお願い致します。

よろしくお願いします。

ーENG Startupのプログラムに参加する前はどんなことに悩まれていましたか?

とにかく英語がトラウマレベルで大嫌いでした。学生時代もずっと苦手だったことが原因で受験も失敗しました。仕事で使う場面が増えてきたので、仕方がなく使わざるを得ない状態になったのですが、英語が嫌いなので何をしたらいいのか分からなかったです。そもそも苦手な英語とどう向き合えばよかったのかすら分からなかったですね。

ーENG Startupの第一印象を教えてください

若い先生だから大丈夫かなと思いました(笑)ただ、他のスクールや講座と違ったのは、全く英語ができなくても理解してもらえる。馬鹿にされなさそうと思いました。

ーENG Startupのプログラムを受講した感想を教えてください。

一番変化したのは、英語が「トラウマ」から「大好き」に180度変わった点ですね。嘘かも思われるかもしれませんが、本当の話で、自分でも驚いています。そもそも中学レベルの文法や単語も良くわかっていなかったのに、辞書や参考書を見ずに文章が作れるようになりましたまた、毎日少しづつ取り組むことで、段々と好きになっていきました。いまでは、日常生活に英語を取り入れることができ、英語で考える癖がつきました。

ー受講前と受講後で変わった点を教えてください

仕事での変化がありました。病院で勤務しているのですが、所属している部署で英語が話せる人は3名しかいないんですね。その他の職員は全く話せない。私も例外ではありませんでした。以前は、聞き取りも話すこともできなかったので、外国人の患者さんを対応するときは、とにかく話せる誰かを呼んでくる。関与することができませんでした。最近は、簡単でもいいので、英語で話しかけるようになりました。言っていることもわかるので、どうしても伝わらなかったら、話せる人にお願いする。ただ、「こんなことを言っているので、こういうことを伝えてほしい」というお願いができるようになりました。最近では、他の職員から「英語話せるようになったの?どうしたの??」と驚かれています(笑)

ー受講後の成果があれば教えてください

プログラム中に友達とご飯を食べにいく機会があったのですが、友達が日本語が話せないネパール人を連れてきました。日本語が話せないので英語で会話したのですが、なんと2時間以上もずっと話していたんですね。今までは外国人には、相手がわからなくても、無理やり日本語で押し通して会話していたのに、英語で2時間話せるなんて思ってませんでした。また、いろいろ質問されるのですが、それがプログラムで習ったことを続けてきたおかげで応用ができました。本当に嬉しかったですね。

ーENG Startupのプログラムが向いている人はどんな方だと思いますか?

私みたいにトラウマレベルで超初心者の方でしょうか。英語は苦手、嫌いという方でも本当に話せるようになります。また、超初心者を教えるのに慣れていらっしゃるので、きちんとレベルに合わせて教えて頂けます。

ーこれから当サービスの利用を考えている方にメッセージをお願いします。

怖がらずに勇気を持って一歩を踏み出してほしいです。3ヶ月終わって、なんで今までやる機会があったのに、ずっと放置していたのだろうと思いました。単純にいろいろとやらない理由を探していただけで、一歩踏み出すと大きく変わります。怖いのは最初だけで、だんだんと楽しくなっていきます。必ず話せるようになります。頑張ってください!